>

フリマやネットオークション

価格帯に注意

着物の種類、材質によっては100万単位で値段がつくこともあり、そうしたイメージでアンティークを探すという人も多いでしょう。
人気の品には高い値段がつくのは当然のことです。アンティークですと、新品の値段よりはるかに安い値段で求めることはできます。
ですが相場というものも把握しておくことは大事です。
あまり安い品には、着ることができるかどうかもわからないものも存在するからです。
シミややけといった状態難があり、回復しようにもできない場合があります。
なかなか、素人ではできないという面もあります。業者は存在しますが、費用が高くつくということも覚えておきましょう。
また修理の期間もある程度の時間がかかります。相場を無視したかのような値付けには注意してください。

ネットオークションやフリマで買う場合

通販にもいろいろありますが、いわゆる素人が不用品を売るという体で成立しているのがフリマやネットオークションです。
ここでもいらなくなった着物が売買されていることがあります。
価値がよくわかっていない場合があるので、非常に低価格で売られていることもあり、費用をかけたくない場合は見ておくべきところでもあります。
ですがデメリットも多く存在します。着物は知らない人にとっては知識のいるものとして認識されており、そういった知らない人が出品していることも多いです。
サイズの確認にしても、情報が不足していたり、採寸方法が違っていたりで正しくない場合もあります。
出品物を見てみて、着物はついでに出している、といった人物から購入する場合には注意が必要です。


この記事をシェアする