>

通販で着物を買う

サイズをきちんと把握する

服を買うというときにネットで買うにしても店舗で買うにしてもサイズを確認するのは必須ではあります。
ですが着物となると、そんなかっちりじゃなくてもいいかな、と考えがちになってしまう人がいます。
アンティーク着物になるとジャストサイズを見つけるのは大変になりますが、着物もサイズチェックはかかせません。
洋服のようなわかりやすいサイズ表記がなく、ある程度着付けの段階で調節できるので着物のサイズに無頓着になるのが多いようです。
着物サイズには身丈、裄丈、身幅、袖丈といったサイズがありますが、自分の身長を目安に選ぶことが大事です。
身丈と身長が同じくらいがジャストです。身丈が身長より5センチ程度長い場合でも、着付けである程度調節ができます。

長襦袢でもサイズをチェックしよう

長襦袢を所持していて、そこにアンティーク着物を合わせる場合は長襦袢のサイズを確認しておきましょう。
長襦袢とアンティーク着物のほうの身丈、裄丈、袖丈を必ず把握しておく必要があります。
この場合は自分の身長でサイズを決めるという方法はあまり適しません。
長襦袢のサイズに合っているかが大事なチェックポイントとなります。
長襦袢は着付けで調整できない部分が多く、着物が合っていないととんでもなく不格好なものになってしまいます。
裾や袖から長襦袢が見えてしまったり、中で折れてしまったりと着た時の不都合が大きいです。
アンティーク着物でどうしても、という人は長襦袢のほうのサイズを調整するか、新しく用意したほうが良いでしょう。


この記事をシェアする