着物を買うときの注意とは

着物というと少し高いイメージがあったり、呉服屋を訪れて買うとなると雰囲気や店員のおすすめに耐えられないという人も少なからずいるでしょう。
欲しいけどなかなか手が出ない、機会がないという場合に浮上する選択肢のひとつが、通販による購入です。
着物販売会などは多々機会がありますが日程が合わなかったり、近くに着物販売店がなかったりといった物理的な要因に阻まれた場合にも有効な通販。
それ以外にも、ネットで頼める通販はじかに購入するよりも値段が控えめになっていることが多いです。
着物はそれ自体も高額ですが、付随してくる小物類もそろえていくと値がはりますね。
昨今は着物をアレンジして着る人が増えたり、インバウンドで訪れた外国人がレンタルで利用したりで注目されることが多くなっています。
とはいえ、利用機会もなかなか訪れず、なるべくなら費用をかけたくないというのも本音ではありますね。
通販で値段を抑えて買うことで着物を楽しむ機会を増やしたいという思いもあることでしょう。

そんな便利な通販購入ですが、ネット購入で失敗したという事例は多く見受けられます。
じかに見るわけではなく写真で判断するものですので、判断ポイントを誤ると、買い物に失敗してしまった…といった事態になってしまいます。
安めになっているとはいえ着物を買うことで失敗はしたくないものです。
着物を買う際には注意したい特有のポイントがあります。
そこを見逃さずに買い物をしないと失敗事例になってしまいかねません。
ここではそのポイントをまとめてみましたので、買い物の参考にしてみてください。

通販で着物を買う

アンティークの着物に限りませんが、通販購入ではじかに手に取ってみることができないのでいろいろと神経を使うことが多いです。 手に取らなくてもわかる注意のなかには、サイズ確認が最重要項目としてあげられます。どういうことなのかを知っておきましょう。

着物のカビやシミに要注意

お洋服の古いものにも通じる話ですが、汚れなどの原因のひとつであるカビが発生しやすいのが着物です。蚕の吐き出す天然素材ですので、どうしても保管が適当だとカビが発生しやすくなりますね。そうした状態をよく確認できればいいのですが、避けるためにはどうしたらよいでしょうか。

フリマやネットオークション

通販で購入のなかには、フリマで安く手に入れたいという人も多くいることでしょう。フリマサイトをみると実際に着物が売られており、なかには破格の値段で出しているものも散見されます。こうしたものを狙っていくのは楽しみもありますが、注意点を確認して購入しましょう。